サブロクのC-16

C-16は米国コロラドのD&RG(デンバー&リオグランデ)鉄道の3フィートゲージのコンソリ(2-8-0)です。実物の性能もよく、3フィートの小さい動輪と太いボイラーのバランスも絶妙で模型でも人気のある機関車です。日本はもう少し大きな動輪(3フィート6インチ)を履いた”小コン”9000形,9030形が輸入されましたが、これはキャブが動輪の後の低い位置についており、C-16とはまた違った印象を受けます。むしろ”新コン”9050形の動輪を小さくして前後方向に押しちぢめると似たプロポーションとなります。
以前H御大と、なぜ日本にもC-16おなじス機関車が来なかったのだろうか?とお話しさせていただいたこともあります。日本には輸入されませんでしたが、日本と同じサブロクゲージのニュージーランド国鉄(NZR)には6両が輸入されたようです。後年にはペルペアー火室つきのボイラーを新製載せ替えされてゲテモノ?になっていますが、原型はすっきりしたアーリーアメリカンのロコで、NZRもその当時はエアブレーキではなかったようなので、コンプレッサーや放熱管もつかずすっきりしています。
スケールイラストの載っているサイトもありました
http://www.pacificng.com/ref/locobuilders/blw/style/stylediag/NZR-T-Class-2-8-0.png

なぜこのロコの話になったかというと、自分の所属するクラブのひとつで来年の競作に「罪庫整理」というお題が出ました。数年前、ワムから「部品90%保証」と銘打ったHOn3のC-16のバラキットというか、組み立て説明書も付属しない昔のブラスロコの剰余パーツの詰め合わせ福袋?というべきものが発売されて購入、罪庫化していました。これを引っ張り出してこようということになりました。
なお私の買ったバラキット?は、ランボードとドームという10%が欠品していましたが、前者は自作すればよいし、ドームはPSCのパーツを買って補充してありました。
20151230102601705

実際キットと実物資料を検討してみると、元のキットは後年のスタイルのパーツだったようで、あまり使えそうなパーツもなさそうです。せいぜい下回りぐらいでしょうか?またテンダーもD&RGのものは、幅が狭いが、NZRのものは幅が広いようです。とはいってもテンダーは、昔中村精密が輸出したSPARTANシリーズものが寸法的にピッタリのようです。
というわけで出鼻をくじかれてしまったので、この構想自体も罪庫化する可能性もありますが、製作表明しておきます。


追記
C-16は、16番化(1/80 16.5mmゲージ)構想もあります。

| | Comments (2)

7000タイプの牽く列車(4) 台車マウント

カプラーはやはり台車マウントにしました。
真鍮板とパイプから作った腕にIMONカプラーHO-102を取り付けました。
20140821122902199

20140821122902412

20140821122902439


| | Comments (0)

7000タイプの牽く列車(3) カプラーの高さ

今悩んでいることのひとつはこの列車のカプラーの高さです。

北海道の初期の鉄道は米国の3フィートナローと同じでカプラー高さがひくいのです。またバッファーピンリンクではなく最初から自連でした。7000の金田さんの形式図では648mmです。後に国鉄標準の高さに改造されたようですが、客車はマクラバリをかさ上げして車高を上げて連結器高さをあわせたものもあったそうです。
連結器中心高さは648/87=7.44mmであり、ケーディーHOn3カプラーの規格9/32インチ 7.14mmに近い高さになります。

プレスアイゼンバーンの流山サドル(HOJ/12mmバージョン)は国鉄標準型とおなじ高さとなっており、以前中村/FarEastModelの2-6-0-0をHOJに改軌したときにもその高さにしましたが、今回はどうしようか迷っています。
やはり他のHOJの車輌に合わせるべきなのか、それとも他の車輌との混結は考えず7.14mmにするか?
もう少し考えてみます。

なおこの列車は自動開放はしないので、IMONカプラーを使う予定です。

8/14追記
標準の9.9mm髙にすると、後部のカプラーポケットががテンダー本体に食い込んでおかしな感じになるので、7.14mmにすることにしました。
他の車輌と連結するときは、控車を作るか、カプラーを改造して何とかしたいと思います。

| | Comments (0)

7000タイプの牽く列車(2) 台車の改軌

今回はMDCのプラ製台車を改軌しました。
車軸はストレートなので、そのまま軌間を拡げました。
車輪は2.2mm厚なのでそのまま使いました。
オリジナルのバックゲージは8.7mmなので10.4mmに拡げました。
ゲージを拡げるにはNWSLのPULLER(車軸抜き機)を使いました。

だたこの車輪はピボット軸なので、そのまま使うと軸端を痛めますので図のようなアダプターを作ってそれで軸端を押してゲージを拡げました。
20140810puller
左が車軸、右がpullerの先端です。

20140810230923120
改軌した車輪はそのままでは台車に当たるので、台車枠を約0.5mm薄く削りましたが特に強度には問題がないようです。

20140809221131616
左が今回改軌したMDCの台車、右がオリジナルのミニトレインズの台車です。

| | Comments (0)

7000タイプの牽く列車(1)

7000タイプも何とか進行中ですが、機関車だけでは物足りないので列車に仕立てることにしました。
トレーラーまで自作する気にもならないので、ミニトレインズのF&C客車(HOn30)を改軌12mm化することにしました。
この客車は、嵌め込みなので床板はこじると外れます。
台車は床板のウェイトをネジをゆるめて外して、裏側からドライバーの先で押すとピンが外れました。
20140809221131585_2
台車は以前発売されていたMDCのHOn3客車のプラ台車を改軌してつけます。
車軸がストレートなので車輪の位置を変えただけです。
台車枠は内側を少し削りました。
仮に台車の上に載せてみました。台車が少し大振りですが、ムキニズム的で模型らしいスタイルになりました。ミニトレインオリジナルの台車は全体のバランスからみると小さすぎるように思います。
床板のトラスロッドはこのままではカーブで当たって曲がらないので切り取ります。
20140809221131229

機関車との大きさの対比はこんなものです。まだテンダー上回りできていません。
20140809221131523


| | Comments (0)

次のお題は・・・

先日開催された浜松町の鉄道模型市のみなさんのネットレポートを拝見していて、トーマさんのところからミニトレインズのアメロコの改造キットが発売されていることを知りました。さっそくトーマさんのホームページ拝見すると、キャブが7000形そっくりに見えてきました。
この7000形というのは、国鉄(鉄道省)最小のCテンダー機で、ボールドウィンのクラスは6-D-11 あのダックスの兄弟分ということになります。
さっそくNGさんのところからキットを取り寄せてみるとキャブはだいたい同じ寸法だし、ボイラーも切り継ぎで何とかいけそうです。
20140505220337686
キットのボイラーと片野さんのスケールイラスト(「一号機関車からC63まで」より引用)を並べてみました。

所属しているクラブのHOJCの今年のお題が、蒸機ということで 実は他のもので用意をすすめていたのですが、急遽7000形タイプに変更することにしました。
ただ非常に小さい機関車なので、完全な1/87のスケールモデルというわけにはいかず、セミスケールモデルになりそうですが、少なくとも16番(1/80,16.5mm)では表現できないことをやってみたいと思っています。とはいっても16番では7000形をディフォルメしたものを岩手謙之介さんや仙台のコンさんがつくっておられます。
それにまけないようにデザインしていこうと思います。

| | Comments (0)

12ミリのロコ2題

先日の関西合運に何とか間に合わせ仕事で完成持参した、ボールドウィン1B1タンクとスイス型自由形Cタンクにウェザリングなどの追加工作をおこない一応完成しました。ボールドウィン1B1タンク(流山鉄道)はもう20年近く前プレスアイゼンバーンから発売されたキットです。キットのまま組むと走行がイマイチのようなので、従輪から両側集電するように改造し、先輪も両絶車輪を片絶に改造して集電性能の向上を図りました。またキットについているキドマイティー経年変化で磁力低下をおこしているようなので、マシマのモーターに交換しました。あとこのキットは後方がオーバーウェイトになってバランスが悪いので、煙室を前方に延長して重さのバランスを改善しました。こういった改造をしたおかげで、原製品よりはかなり走行性能は向上したようです。
またスイス型ロコの方は、エムテックスの東野DC20の下回りを利用して、上回りは16番の珊瑚模型店のD50テンダーと160(旧製品)のエッチング板の切れ端から合成したものです。いつものとおりエコ−モデルの中小型蒸気のパーツを多用しています。なおこの機関車はHOJ(1067ミリゲージの1/87)ではなくてHOm(1000ミリゲージの1/87)のつもりです。
これらのロコの工作詳細は近日中?にコンテンツにまとめてホームページに掲載する予定です。
P222
P226

| | Comments (2) | TrackBack (0)

北炭の客車

暑いためか工作はなかなか進みません。
永らくトレーラーなしで放置されていた7100タイプです。客車でなかなか適当なものが無かったのですが、このたびアメリカの模型店で中古のブラスモデルが$100で出ていたので取り寄せてみました。
オリエンタルが、NWSL向けに輸出した製品で、おそらく1960-70年代のものではないかと思います。Ohaio&Western River RR の客車です。ロストはブレーキハンドルと床下のブレーキシリンダーぐらいで、ほとんどがプレスでウインドシルも貼りです。ダブルルーフのプレスもきっちり合っています。ただ逆にブラスの貼り合わせなので重量が重いことですが、これ一両なら問題なく牽きそうです。
台車も内幅に余裕があるので、HOn3(10.5mm)->HOJ(12mm)車輪の改軌ぐらいで済みそうです。ただカプラーの高さはHOn3規格なので改造が必要です。ただ私の鉄道のHOJ(12mm)は全部北炭の車両なので、逆にカプラーの高さはHOn3規格規格にしてもいいのかなと思ってもみたりします。それからこの客車、未塗装輸出製品の定石としてクリヤーラッカーが吹いてあるようですが、出荷されてからもう何十年も立っていると思うので塗装前シンナーで洗うだけでいいのでしょうか?それともリムーバー塗って剥離するべきでしょうか?
P1000082
P1000083

| | Comments (2) | TrackBack (0)