淡路鉄道一号機(25) 煙室戸

今日は煙室戸つくりましたが、これだけで半日かかってしまいました、パーツの有り難さがよくわかります。
今回は割り出し機を使わずに、真鍮板に座標を計算してケガキました。といっても12等分なので簡単です。
20170320_13_40_19

旋盤は持っていますが、製品のように一体には削らず、ドリルレースのように部品を分けて削って、パイプで串刺しにしてハンダで貼り合わせます。旋盤で削るからといって無理に一体モノにせず、数ピースにわけて削り出して貼り合わせた方が楽です。今回はスチームドームは一体モノで削り出しましたが、ツーピースにした方が楽だったと反省しています。
クリートはウィストのアルコ用クリート ロストパーツですが、やはり取り付けるとき1個飛ばして紛失してしまいました。

20170320_21_18_45

やはり煙室戸つけると機関車らしくなります。
今回は煙室戸の直径が少し大きかったので、少し煙室戸の段差が大きくなってしまいました。
20170320_23_33_46

次はフロントビームにかかります。


| | Comments (0)

淡路鉄道一号機(24) ドームの加工

ドームを加工しました。
サンドドームはもとのパーツの最上部の蓋の部分を薄くして、肩のカーブを修正しました、
スチームドームは10mm径真鍮丸棒から旋盤で削り出しました。
なお全体のバランス考えて、スチームドームは0.5mmぐらい高めにしました。
20170317_0_12_16
20170317_0_10_52
ドームが変わるとかなり感じが違ってきます。

最初は実物の写真をみて不○工な機関車だと思っていましたが、
16番で模型化するとなかなかよくまとまったスタイルに見えてきました。

(3.18 追記)
実物の写真をみると、スチームドーム側面にバルブがついて、そこからパイプがキャブに延びていますが、畏友Udさんに教えてもらったところでは、給水管らしいです。給水管とバルブはボイラー側面についているという固定観念があったので、よくわかりませんでした。もっともC57やC58はボイラーの頂上についていますが・・・
また今更ですが、シリンダーサドルが厚すぎるのに気づきました。4mm厚の真鍮角棒を使いましたが、3mm厚でよかったようです。このあたりは設計ミスですね。図面段階ではわからず、全体を組み上げて感じをみてはじめて気が付くのはお恥ずかしい限りです。作り直す気もしないので今回はこのままいきます。

| | Comments (0)

淡路鉄道一号機(23) 煙突

煙突を立てました。スケールだと根元が2.3mm 先が2.8mmぐらいのテーパー円筒なのですが、そのようなテーパー削り出す自信がありません。またその直径は模型にすると少し細く感じるので、太めの3mm径のストレートとしました。煙突の台座は、と−まさんところの日車20tを作ったとき煙突は他のパーツに替えたので、その派生パーツを小さく削り直して使いました。
20170311_23_27_23
キャブの屋根板もt0.2洋白板から曲げましたが、もう少し修正が必要なようです。

| | Comments (0)

淡路鉄道一号機(番外編)  淡路鉄道の客車

機関車はボツボツ出来ていますが、牽かせる客車はどうしようかと思ってググったら、wikiの淡路鉄道の項に客車の記載がありました。いずれも二軸客車だったようで、播州鉄道や揖斐川電気から移籍したもののようで、出自は南海鉄道が多いようでした。
参考引用文献として鉄道ピクトリアル835号(2010年7月号)の澤内一晃さんの「南海の二軸客車」がリストにあげられていたので、ネット古本屋さんで購入してみました。
20170309_9_48_53
記事は車歴簿が中心でお目当ての写真は載っていませんでしたが、車歴簿みるとだいたい明治時代の一般的な木造二軸客車のようでした。ということで手持ちのトビー・珊瑚あたりの二軸客車つないでおくと格好がつきそうです。機関車が1/75なので、オーバースケールの古典大系の二軸客車あたりが釣り合いがとれる(笑)かもしれないです。ところで、この記事の車歴簿は労作ですね。澤内さんの仕事には頭が下がります。

ところで昔だとこういう雑誌のバックナンバー探すのは、東京か京阪神のその筋の古書店に行かないと手に入りませんでしたが、夜中にパソコンで検索してポチると入手できるようになったのは、便利になったと思います。
その反面 東京か京阪神のその筋の古書店が閉店になっていくのを寂しがる方も多いですが、田舎住まいのものにとってはよい時代になったと感じます。
なおこういう雑誌、ネット検索すると100円以下で売っているのもありますが、これは資源化ゴミとして出された古雑誌から回収した いわゆるゴミ本といわれる本なのでしょうか? 今回はまともな古書店ルートで回収されたらしい¥500のものを買いましたが、新品同様の美品が来ました。

| | Comments (0)

淡路鉄道一号機(22) 上下合体

キャブ床板を作って上下を合体させました。
20170306_23_50_49
何とか形になってきましたが、なかなか進みません。

| | Comments (0)

淡路鉄道一号機(21) 上回り仮組み

上回り仮組みしてみました。ドームはまだ仮パーツ(フェニックスの木曽森タイプのジャンクパーツ)です。サンドドームはこのパーツの削り直し、スチームドームは新製の予定です。
20170305_17_17_25


| | Comments (0)

淡路鉄道一号機(20) 給水ハッチ取付部

なかなかすすみません。今回は上回りはあまり使えるパーツもなく、ほぼスクラッチ状態になっています。

最初ディテールは簡単に済ますつもりだったのが欲が出てきました。
この機関車の上からの写真はないようですが、仙北の2号機の上からの写真をみることがでました。給水ハッチは丸型のようですが、取付部の板は長円形なのでつくってみました。今回はt0.2洋白板を使いました。
まずリベットの座標を計算して、クロステーブルの送りでリベットを打ちます。
20170216_22_09_20
その後、切り抜いて整形しますが、こういう薄板の小片を切るときは、糸ノコではなく金属はさみで切るのがよいようです。歪み無く切るコツは、まず大きめに切り抜いておいて、周囲を少しずつ鋏で切っていくことです。一気にギリギリで切ろうとすると誤って切り込んだり、使うパーツ側を大きく歪めてしまいます。最後は外形を精密ヤスリで仕上げます。
20170216_22_59_36


| | Comments (0)

淡路鉄道一号機(19) サイドタンク前板 ボイラー支え

サイドタンク前面には。ボイラー・煙室とサイドタンクを固定する支え板?ステイ?(正式名称はなんというのでしょうか?)がつきます。ポーター製やピッツバーグ製の機関車はこれがないと様になりません。ボールドウィン製にはついていないです。
前作のピッツバーグCタンクでは、リベットの位置をケガいて、穴をあけて真鍮線を埋め込みました。
今回は組立図が手に入ったので、それを縮小して印刷した紙に真鍮板を貼り付けて、オプティカルポンチでリベット穴のマーキングをしました。
20170202_13_43_48
直接材料のt0.2洋白板にポンチを打ったら、ボコボコになってしまいました。
20170202_13_44_09
というわけで一旦t0.5真鍮板にポンチを打って0.4mm径の孔を開けて、それにt0.2洋白板をハンダで仮止めして穴を開けます。
20170202_18_33_51
サイドタンク前板は、t0.5真鍮板から左右一体に切り出しました。
20170206_23_50_16
ボイラー支え板をサイドタンク前板にハンダ付けして、0.4mmの穴を開けて真鍮線のリベット(ボルト?)を植え込みました。
20170209_23_34_32
頭の高さを揃えるにはヤスリで削ってから、スパイラルホイールでバリを落として頭を丸めました。

| | Comments (0)

淡路鉄道一号機(17)  サイドタンクとキャブ

サイドタンクはt0.2洋白板で薄い(青)」ので、裏板と補強を兼ねたアングル(赤)を取り付けました。
20170119_14_37_3620170119_14_37

キャブ側板もt0.2洋白板の貼り合わせでつくることにしました。
まず窓などを抜いてから外形を切り抜きます。
これまでt0.2洋白板は薄くて加工しにくいと思っていましたが、新しいブランドの糸ノコ刃の6-0を使うとすいすい切れてよい素材だと再認識しました。
20170119_14_36_44

外形を仕上げるとこうなりました。次は妻板を作ります。
20170119_22_18_17


| | Comments (0)

淡路鉄道一号機(16) サイドタンク

前回書いたように打ち出し機でt0.2洋白板にリベットを打ち出しました。
20170114_20_56_33
これを折り曲げてサイドタンクにしましたが、そのままバイスなどにくわえると打ち出したリベットが凹んでしまいます。こういうときは裏に金属のあて板をハンダ付けして、表面には木の板を当てて手で折り曲げます。確かJALCOの誰かが考案された方法だとおもうので、JALCO法と私は呼んでいます。これだとリベットを損傷しませんし、当て板をハンダ付けした位置で正確に折り曲げることができます。ハンダ付けするあて板は同じ材質がよいので今回はt0.3洋白板を使いました。真鍮など異なる材料使うと熱膨張率が違うのでハンダ付けの時歪みますので同じ材質がよいです。
20170114_21_51_2520170114_21_37_34
当て板を取り外すとサイドタンクになります。
20170114_21_59_47
あと迷っているのは、キャブとサイドタンクの間に隙間を空けるかどうかです。
模型だとキャブとサイドタンクはくっつけてしまうものが多いですが、珊瑚の1000形のように両者を分離した製品もありました。実物の組立図をみると1インチ半隙間があるようで、模型だと0.5mmぐらいです。
一体化した方が強度的には有利ですし、模型だと隙間があっても動力装置が透けて見えるので、やはり一体にしてしまおうかと思っています。

| | Comments (0)